沖永良部【国頭の方言】ディキショナリ


このコーナーはあくまでも私が知っていて、尚且つ使用している方言の主なものです。
島の方言を発音をするには「わの段」「やの段」と、もう一つの「ん」「m」の発音が大事です。
その「わの段」や「やの段」も、「WA、WI、WU、WE、WO」、「YA、YI、YU、YE、YO」と発音しています。
それが「わゐyゑお」と「やゐゆゑよ」なのです。
戦後に簡素化されて、現在に至るのです。
  現代仮名遣いは、昭和21年11月16日に内閣により告示され、第33号細則第1項では「ゐ、ゑ、を」はそれぞれ「い、え、お」と書く。ただし助詞の「を」を除く。と明確に記している。その後昭和61年7月1日、第33号が廃止され、内閣告示第1号で新たに現代仮名遣いを告示(官報掲載)していますが、ここでは歴史的仮名遣いを尊重し使用します。
昭和21年内閣告示第33号 http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan21.htm
昭和61年内閣告示第1号http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan61.htm
※お願い:わ行の「う」、ワ行の「ウ」の英語の「with」の「wi」や
            フランス語の「ウィ」「oui」の「ou」表記わかる方一報ください。

当面ここでは「
」で表記します。二重母音はとくに気をつけましょう。
をクリックするとバックグランドで再生されます。




1.撥音  こちらではB・M・P の前にNの代わりにMをおく
  NAMBA 難波(なんば)  HOMMA 本間(ほんま)  SAMPEI三瓶(さんぺい)
2.促音・子音を重ねて示す
  HATTORI 服部 (はっとり)  KIKKAWA 吉川(きっかわ)
  ※ただし、チ(CHI)、チャ(CHA)、チュ(CHU)、チョ(CHO)音に限り、
  その前にTを加えるへHOTCHI 発地(ほっち)  HATCHO(はっちょう) とする

3.長音表記  「おう」又は「おお」はOHによる長音表記
  KOHNO 河野(こうの) OHNO 大野(おおの)
  ※ただし、長音記号の後に母音がくる時は前の母音をつづける

ひらがな/カタカナ/ローマ字表記


n


wa


ra/la


ya


ma


ha


na


ta


sa


ka


a
 

wi


ri/li


yi


mi


hi


ni


chi/ti


shi/si


ki


i
 

wu


ru/lu


yu


mu


fu/hu


nu


tsu/tu


su


ku


u
 

we


re/le


ye


me


he


ne


te


se


ke


e


m


wo


ro/lo


yo


mo


ho


no


to


so


ko


o
      いゃ
イャ
iya 
てゃ
テャ
tha
ふぁ
ファ
fa


pa


ba


da


za


ga
     

iyi
てぃ
ティ
thi 
ふぃ
フィ
fi


pi


bi


ji/di


ji/zi


gi
      いゅ
イュ
iyu
てゅ
テュ
thu


fu/hu


pu


bu


zu/du


zu


gu
      いぇ
イェ
iye
てぇ
テェ
the
ふぇ
フェ
fe


pe


be


de


ze


ge
      いょ
イョ
iyo
てょ
テョ
tho
ふぉ
フォ
fo


po


bo


do


zo


go
りゃ
リャ
rya
みゃ
ミャ
mya
ぴゃ
ピャ
pya
びゃ
ビャ
bya
ひゃ
ヒャ
hya
にゃ
ニャ
nya
ちゃ
チャ
cha/tya
じゃ
ジャ
jya/zyu
しゃ
シャ
sha/sya
ぎゃ
ギャ
gya
きゃ
キャ
kya
                     
りゅ
リュ
ryu
みゅ
ミュ
myu
ぴょ
ピュ
pya
びゅ
ビュ
bya
ひゅ
ヒュ
hyu
にゅ
ニュ
nyu
ちゅ
チュ
chu/tyu
じゅ
ジュ
jyu/zyu
しゅ
シュ
shu/syu
ぎゅ
ギュ
gyu
きゅ
キュ
kyu
            ちぇ
チェ
che/tye
じぇ
ジェ
jye
     
りょ
リョ
ryo
みょ
ミョ
myo
ぴょ
ピョ
pya
びょ
ビョ
bya
ひょ
ヒョ
hyo
にゅ
ニョ
nyo
ちょ
チョ
cyo/tyo
じょ
ジョ
jyo/zyo
しょ
ショ
sho/syo
ぎょ
ギョ
gyo
きょ
キョ
kyo
        くぁ
クァ
kwa
すぁ
スァ
swa
つぁ
ツァ
twa(tsa)
ぬぁ
ヌァ
nwa
ふぁ
ファ
hwa
むぁ
ムァ
mwa
るぁ
ルァ
rwa
        くぃ
クィ
kwi
すぃ
スィ
swi
つぃ
ツィ
twi(tsi)
ぬぃ
ヌィ
nwi
ふぃ
フィ
hwi
むぃ
ムィ
mwi
るぃ
ルィ
rwi
            とぅ
トゥ
twu
       
        くぇ
クェ
kwe
すぇ
スェ
swe
つぇ
ツェ
twe(tse)
ぬぇ
ヌェ
nwe
ふぇ
フェ
hwe
むぇ
ムェ
mwe
るぇ
ルェ
rwe
        くぉ
クォ
kwo
すぉ
スォ
swo
つぉ
ツォ
two(tso)
ぬぉ
ヌォ
nwo
ふぉ
フォ
hwo
むぉ
ムォ
mwo
ろぉ
ルォ
rwo

※以下の区分の部分は  助=助詞  幼=幼児語  諺=ことわざ  植=植物名  魚=魚名  貝=貝名  字=字名

a 国頭(クンジェ) 区分   標準語(ヤマトムニ) 例題
  アー ah 動詞から転じた名詞に冠してその意味を強める語。
アー ah 相手の言葉を受け「そうではあるまい」「そんなことはあるまい」
例:
アー・アーラ ah・ahra 他の語に冠して「明」を意味する語。
アー/ヨーネ=宵の明るい頃 アーラ/ヒル=真っ昼間
アー ah 垢(あか)。例:ひゅーは あーちぃばい しゃんとぅ あーが まんどぅん
(今日は一生懸命だったから垢がいっぱい)
アー/ダリコ ah/dariko 垢(あか)がたくさん付いた状態
アーガイ ahgai 灯り。明るい。⇔クラガイ
例:ゐるは かみさまだなに あーがい ちきりよ(夜は神棚に灯を燈してね)
アーガイドゥ/ミー ahgaidwu/mih 「あかりこそ目」暗中ではなかなか見つからなかった物があかりさえつければ見つかることを言う。あかりさえ節約しなければならなかった時代のあかりのありがたさ。
アーガユン ahgayun 明るくなる。
アーガラシュン ahgarasyun 明るくする。
アーサ ahsa 海草の名。青のりの一種。
アーサ ahsa 赤。
アーサン ahsan 赤い。
例:しまぬ みちゃは あーさん(島の土は赤い)
アーシ ahshi 樹脂の多い松の木っ端。照明用。
アーシュ ahsyu 赤潮。
アーシュン ahsyun 謎を解く。仲を裂く。
アーバチ ahbachi あかぶだい。
アーブク ahbuku 泡。あぶく。
アーグヮ ahgwa 赤子。赤ちゃん。
アーミ ahmi 網。
アーミ ahmi 金目鯛。鯛に似て赤く夜釣れる。
アーミヌ/アグ ahminu/agu [網の仲間] たいして役に立たない加勢。
アーミチャ ahmitya 赤土。
アーミン ahmin 赤らむ。(麦や稲の穂が熟して黄ばむ。)
アーキチャーメー ahkityame アレまー。
アーチ ahchi あんよ。
アーチバイ ahchibai 一生懸命。非常にがんばること。
アーチラ ahchira 赤ら顔。
アーデ ahde 赤鯛。
アートゥチ ahtwuchi 夜明け頃。 古=あかとき
アートゥチ/ブシ ahtwuchi/bishi 明けの明星。
アートゥチ/ジッチュ ahtwuchi/jittyu 明けの月。
アートゥチ/ティダ ahtwuchi/thida 「暁太陽」 朝日。
アードゥー ahdwuh かかと。 古=あくと
アーヰ/アーイ ahwi いいえ。違う。否定の意味。
アーリユン ahriyun 壊れる。割れる。離れる。離婚する。
アイ ai あれ。あら。おっと。
例:あい うらどぅ あろー(あれまー あんた だったの)
アイ ai あい。藍。
アイサチ aisathi 挨拶。
例:ちゅーとぅ おーりば あいさち しりよ(人に会ったら挨拶をしなさい)
アイシレ aishire 人のもてなし。 古=あひしらひ
アイジチュン aijityun 愛情がつく。
アイチャ aitya あ、そうだったかの意の感動詞。
アイナイ ainai ありのまま。例:あいない話す。
アイヌイ ainui 相乗り。
例:わどまい たべ あいぬい しら(和泊まで相乗りしよう)
アイノコ ainoko 釣り船の一種。大正の頃大島から導入した。
アイムン aimun 昔から家宝として、先祖の形見として伝わっている大切なもの。
また、病気が良くも悪くもならず長引いている状態。
アイヤ aiya アレ。アレまー。
アイヨー aiyoh 感嘆の意を表す感動詞。
アカ aka かつて庶民が上層の女の子を指した敬称。比較的幼い方はアカガマ。
アカタジ akataji 手々知名。
アカ・アッカイ aka/akkai 古語「あか」には仏に供える水、船底にたまった水の意があるが、永良部では後者の意味で使う。
アカトゥイ akatwui アカを汲み出すための木製器具。
アガ aga 痛いときとっさに発する声。(ヤミン=痛い)
アガサ agasa あれだけ。あれほど。例:うら あがさ しらよえ=あんたもあれほどできるか
アガサナ agasana あんなにたくさん。あれだけずつ。
アガヌムン aganumun あんな奴。あいつ。あの野郎。
例:あがむぬん ちゅーぬ いゆーし ちかんど(あいつは人の言うこと聞かないゾ)
アガヌムンチャ aganumuntya あの野郎ども。
例:あがぬむんちゃ ふぁたみかさな ならん(あいつらドツイテやらないかん)
アガタ/クガタ agata/kugata あれこれ。
アガトゥ agatwu 遠い所。
アガチュン agatyun もがく。あせる。古=あがく。
アガヘー agaheh あれだけの大きさ・高さ・長さ。
アガリ agari 上がれ。召上がれ。
例:うだ あがりよ(どうぞ めしあがれ)
アガリ agari 東。(太陽が上がる所)
例:てぃだは あがり からどぅ あがゆん(太陽は東から昇る)
アガリムティ agarimuthi 東の方向。
アガンシ aganshi あんなに。
アガンシガディ aganshigadhi あんなにまで。
アガユン agayun 上がる。日や月が昇る。雨がはれる。仕事を終える。
アギ agi 陸。
アギ agi 揚げ。炒め。
アギ/ゾーミン agi/zohmin ラードで炒めた野菜類に、ゆでたそうめん・だし汁などを入れ炒めた料理。
アギ/ミシュ agi/misyu 油で炒めた豚肉を混ぜた味噌。副食物として茶請けとして賞味される。
アギ/メー agi/meh 炒め飯。油で炒めた御飯。多くは残飯を活用する。
アギマーシュン agimahsyun せがむ。
アギユン agiyun 揚げる。炒める。
アキユン akiyun 開ける。空にする。どける。開墾する。
アギワーク agiwahku 座操糸を巻き取る器具。
アグマシャ agumasyan ひだるい。疲れている。しんどい。気分的な疲れ。
類似後=ダロサン(だるい)=肉体的な疲れ。
例:ゆびる にさんたべ ぬでぃうたんとぅに ひゅうは あぐましゃど
(夕べ遅くまで飲んでいたから今日はしんどいよ)
アクマチ akumaki あくまき。五月の節句用。
アグマチ agumachi 髪を三分してうちかいにする結び方。羽織の紐の編み方にもいう。古=あげまき
アグ agu/ 友達。例:うらは わん あぐど(あんたは私の友達だよ)
アグ/クミン agu/kumin 仲間を組む。
アグ/シ agu/shi 一緒に。
アグ/シュン agu/syun 付き合う。
アグ/ナユン agu/nayun 一緒になる。結婚する。
アグ/ハジリ agu/hajiri 仲間はずれ。
アグ/ミジラシャ agu/mijirasya 友達好き。
アグンチャ aguntya 友達。
アクゾ/ムクゾ akuzo/mukuzo みそくそに言うの「みそくそ」にあたることば。古=「あくぞもくぞ」(役に立たぬもの。人の欠点短所)。
アクタ/チクタ akuta/chikuta 芥の畳語的表現。ごみあくた。役に立たぬもの。
アクタム/チクタム akutamu/chikutamu 「猫も杓子も」にあたることば。
アグネー・アンザ akuneh・anza あぐら。男座り=ヰンガヰー
アクバユン akubayun 飽く。飽きはてる。
アクバラユン akubarayun 飽きられる。迷惑がられる。
アサ asa せみ。
アサイ asai アサリ貝。潮干狩り。(古)「あさり」(野山、水辺を食物を得ようと探しまわる。)
アサイジル asaijiru 貝をだしにした味噌汁。
アサカジ asakaji まだ太陽の熱の弱い朝のことで、労働に適した貴重な時間帯。
アサグム、ユウムカジ asagumu,youmukaji 朝蜘蛛(あさくも)、夕百足(ゆうむかで)。ともに縁起がよいとされている。
アサティ asatyi 明後日。
アサドゥリ、ユウドゥリ asadwuri,youdwuri 朝瓜、夕瓜。梅雨後によくみられる現象。
アサビチャイ asabityai {朝光り}朝日が昇る頃、空が異常に晴れて明るいのをいう。こんな日は雨になるという。
アザ aza あざ。ほくろ。両者ともアザという。
アシビ ashibi 遊び。
アジ aji お婆さん。
アジグヮ ajigwa 叔母。
アジェフ ajefu 畦布。
アシチュラ ashityura 芦清良。
アシニ ashini 赤嶺。
アニ ani 蟻。アリ。
アバシ abasi 針千本ハリセンボン。フグ。
アベ abe 何か間違った時などに発する声。
例:あべ まちげー しゃんど(あれ間違いをしたよ)
アマ ama 母親。
アマタ amata 余多。
アマム amamu やどかり
アマラユン amarayun 叱られる。注意される。
例:わるさぬ くとぅ しるとぅには うやに あまらゆん(悪いことをすると親に叱られる)
アマララン amararan 叱られない。
アマラリ amarari 叱られるよ。
アマリヨー amarariyo 叱れよ。注意してよー。
アマンナヨ amannayo 叱るなよ。
アマンコイ amankoi ヤシガニ。
アタラシャ atarasya もったいない。掛替えのない。
例:てぃーち しか なーだな あたらしゃんど(一つしかないからもったいないよ)
アチャ atya 父親。
アッテーメ atteeme あたりまえ。
アッテーメド atteemeedo あたりまえだよ。
アッチャ attya 歩くことの。(海アッチャ)。
アッシー atshiyi 昼飯。(メーシ:朝飯ヰー:夕飯
アラン aran いいえ。違う。否定の意味。
アリ ari あれ。
アリガタサン arigatasan ありがたく。
アンビルサ annbirusa 気持ち悪い。吐き気がする。
例:ひに ぬたりば あんびるさ なたん(船に乗ったら気持ち悪くなった)
アンピラ anpira
アントゥ antwu そうだから。
i 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  イー ih 西。(太陽が入る所)
イーシジ ihshiji 言い過ぎ。
イーシジタン ihshijitan 言い過ぎた。
イームティ ihmuthi 西の方向。
例:いーむてぃから いーち ふーよ(西の方から入ってこいよ)
イーチ ihchi 入って。
イーチカネ ihchikane いい加減。
イーチキ ihchiki 言付け。指図。命令。
例:うやぬ いーてぃきは ちきよ(親の言付は聞きなさいよ)
イーチュン ihtyun 入っている。
イーナラシ ihnarashi 仕付(普段の)。
イーヌクシ ihnukushi 言い残し。
イーフラチ ihfuraschi 言いふらす。
イーマカシュン ihmakasyun 言い負かす。
例:ありは くちぬ たちゅぬまーとぅ たるあたんて いーまかしゅんど
(あいつは弁論が上手だからだれでも言い負けてしまう)
イーマキユン ihmakiyun 言い負ける。
イーワキ ihwaki 言訳。
例:わるさぬくとぅ しーむ いわき しんなよ(悪いことしたら言訳するなよ)
イイノオシ iinohshi 言い直し。
イイハユン iihayun 言い張る。
イカ ika 行こう。=でぃか。
イキチ ikichi 生きて。
イキチュン ikityun 生きている。
イシャシュ isyasyu 医者
イシャトゥ isyatwu カマキリ
イジェ ijye どうなの?(質問の前に使う)
例:いじぇ ひゅーは のーこい なーじな?(今日は畑仕事ないの?)
イジェー ijyeh 行ったの?
例:わーらんちゃ ふぁってーち いじぇー?(子供たちは畑へ行ったの?)
イチ ichih 息。例:いや うり いち しゅらんど(おい、これ息してないぞ)
イチカサ ichikasa 短い。例:うぬ うびは わーには いちかさんど(この帯は俺には短いよ)
イチカ ichika いつか。いつの日か。
イチカ ichikah 五日
イチチ ichichi 五つ。5。
イチャ itya イカ。
イチャカ ityaka 如何にか。何とか。
イチュビ ityubi イチゴ。苺。
イチュン ityun 行く。
イチン ichin 何時。いつ。
イチンタベ ichintabe 何時まで。いつまで。
イッチュ ittyu 糸。
イヘー iheh 位牌。
イヒ ihi もっと。例:いひ こーりよ(もっと食べなさいよ)
イビ ibi 海老。
ヰビリ wibiri 飽きること。
イミ imi 夢。
イュー jyuh 魚。
イリ iri 入る。
イル iru 色。
イン in ハイ。そう。肯定の言葉。
インノー innoh リーフの内側。
u 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ウイ ui 上。
ウイチ uichi 上に。
ウイチキティ uichikithi 追いつけて。
ウイチチ uichichi 追いついて。
ウイガー uigah 泳ごう。例:ひゅーは あつぁんとぅ ういがーが?(今日は暑いから泳ごうか?)
ウイジュン uijyun 泳いでいる。
ウカ uka 借金。例:ひゅーは じん むち あかんとぅに うかや
(今日は現金もっていないから借りね)
ウガミ ugami 祈る。
ウガミドゥーサ ugamidwusa 久しぶり。
ウガミンショーラ ugaminsyohra ご無沙汰しました。
ウカギ ukagi おかげ。(ウラウカギ:貴方のおかげ)
ウサジ usaji うさぎ。
ウシ usi ホッとする。
ウシュ usyu 後ろ。
ウジュル ujyuru 野菜。例:ひゅーは うじゅる わーじど(今日は野菜炒めだよ)
ウシニャンカー ushinyankah 子牛。
ウス usu 押す。
ウダヌ udanu 何処の。
例:うら うだぬ くゎーよ(あんた何処の子ね)この場合は屋号を聞いている
ウダヌ udanu お願い。例:なっちゃー うだぬ しゃぶらー(明日お願いしますね)
ウナジ unaji うなぎ。
ウニゲー unigeh お願い。
ウニババー unibabah 鬼ババー。
ウヌ unu この。
ウムイ umui 思い。
ウラ ura 貴方。⇔ワン:自分。
ウリ uri それ。その。その人。
ウリター uritah それら。その人達。
ウヮー uwahbi 豚。
ウヮービ uwa 上。
ウン un これ。この。この人。
ウンチュウ untyu この人。
e 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
o 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  オイシリ oishiri 召上がれ。例:よーてぃ おいしりよ(みんなでお召上がりください)
オイチュ oityu 金持ち。
オオサ ohsa 海草の名。青のりの一種。あおさ。
オオサ ohsa 多い。例:うら じーまみは わんよか おおさんど
(あんたの落花生は俺のより多いよ)
オカン okan 母親。
ka 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  カーラン kahran 要らない。
例:うり かーらん(それ いらない)
ガーイュシャ gahiyusya そーね?そーなのか?
カーバ gahba たくさん。=まんでぃ。
ガーリバ gahriba それじゃー。そう言えば。例:がーりば わしりとぅたん(そう言えば忘れていた)
ガーリバドー gahribadoh それじゃーね。
ガーリャ gahrya それでは。例:がーりゃ なっちゃーや(それじゃ明日ね)
ガーリャドー gahryadoh それでは、これにて。
ガジャム gajyamu 蚊。
ガニ gani 蟹。かに。
カミ kami 食べよ。食え。例:むーる かみよ(全部食べてよ)
えらでぃ かむなよ(選んで食べるなよ)
ガラシ garashi からす。
カラバートゥ karabahtwu 唐鳩。
カンチィゲー kanthigeh 勘違い。
カンク kanku 蛍 ホタル。
カンゲー kangeh 考え。
ガンドー gandoh そうだよ。
ガンダル gandaru そうだろうね。
ガンディロドー gandhiroh そうですね(丁寧)。
ki 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
ku 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  グシキヌ gushikinu 久志検。
グシク gushiku 内城。
クク kuku 男性の??⇔ビビ。
ククヌチ kukunuthi 九つ。9。
クヌギ kunugi 黒貫。
クラゴー kuragoh 暗川。
グラル guraru 後蘭。
クリブ kuribu みかん。九年母(くりぶ)九年母木(くりぶんぎ)
クリリ kuriri ください。
クリユン kuriyun あげる。差し上げる。
クンジェー kunjye 国頭。
ke 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
ko 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
sa 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  サタ sata さとう(砂糖)。
サトゥ satwu 古里
サナジ sanaji フンドシ。
サバ saba ぞうり。
サンシヌ sanshinu 島の三味線。
サンシル sanshiru 島の三味線。
shi 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  シザ shiza 年上。
シシ shishi 肉。
ジッキョ jitkyo 瀬利覚。
シッタイ shittai ざまーみろ。
シッタイ shittai とっても。
シタミカシ shitamikashi 物理的に痛める。⇔ハタミカシ:殴る。
シブタロサン shibutarosan 汗をかき気持ち悪いこと。
シビリ shibiri 小さい。
ジョーシチ jyohshichi 完成。
ジョージ jyohji じょうず(上手)。
ジン jin お金。
シンジロサ shinjirosa
ジンニャ jinnya 知名。
su 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ストゥミティ 朝方のこと。
se 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  セナ 瀬名。
so 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ソージ 竿津。
ソーミン そーめん。
ta 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ター tah たんぼ(田圃)。
ターチ tahchi 二つ。2。
タティ tathi 同年代。
タニ tani 種。
ターウム tahumu 田芋。
タマシー tamashih
タマナー tamanah きゃべつ。
タミチ tamichi 池。 ミンジチダミチ:耳付池
タリウム tariumu 芋を練ったもの。
ダリユン dariyun 疲れる。
ダリタン daritan 疲れた。
タル taru 誰。
タルヨ taruyo 誰ね。
タルカネ tarukane 誰ね。
ダリャミ daryami 晩酌。
タンニャ tannya 田皆。
chi 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  チヌ chinu 角。
チノジ chinoji 繋いで。囲って。
チバラ chibara きもの(着物)。
チビル chibiru 喜美留。
チブル chiburu 頭。
チラ chira 顔。
チューホーヨー cyuhoyo 人並みに。人と一緒に。
チュウ cyu 人。
チュッホー cyutho 一ヶ所。
チュラ cyura 美。清い。
チュラサン cyurasaan 美しい。清らか。
チル chiru 鶴。
チンタイ chintai かたつむり。
tu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
te 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ティー thih 手。
ティーシブリ thihshiburi 接待係のこと。
ディギ dhigi 出花。
ティダ thida 太陽。
ティーチ thihchi 一つ。1。
ティーチャ thihchi 手々知名。
ティーミシ thihmishi リーハーサル。
ディカ dhika 行こう。
ティンゲー thindeh とっても。 ティンゲー ジョージ ドー:とっても上手ね。
ティンガマ thingama いたずら。
ティンゲー thindeh 適当。
デージ dehji 大変。
to 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  トーグラ tohgura 台所。
トートゥ tohtwu 仏壇。祈る。
トーヌチュ tohnuchu 唐人。言葉の意味が通じない人。
ドーモ dohmo 物忘れ。
トゥ twu 十。10。
トゥイ twui 鳥。
トゥクトキ twukutwuki 徳時。
トゥーサ twuhsa 遠い。
トゥジ twuji 妻。トゥジ グヮー:妻子。
ドゥー dwu 自分。
トゥメタン twumetan 探せた。
トゥメリ twumeri 探せ。
トゥラ twura 虎。トラ。
na 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ナーヒ nahhi もっと。
ナガニ nagani 永嶺。
ナッチャー natcya 明日。
ナナチ nanachi 七つ。7。
ナナチチ nanachichi 七ヶ月。
ナン nan 無い。
ni 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ニーセ nihse 青年。
ニービチ nihbichi 婚姻。
ニサン nisan 遅い。
ニシバル nishibaru 西原。
ニシミ nishimi 上城。
ニジ niji とげ。
ニジャリ nijyari 汚い。
ニジュ nijyu 溝。
ニドサ nidosa かわいそう。
ニブトゥ nibutwu [赤根太]オデキ。大きな腫れ物。
ニブユン nibuyun 寝る。
ニブラー niburah 寝ましょう。
ニブリ niburi 寝なさい。
ニャーグ nyahgu 皆川。
ニュイ nyui 根折。
ニンジン ninjin 人間。
nu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヌー nuh 何。
ヌーシュイヨ nuhsyoiyo 何してるの。
ヌーディ nuhdhi 何だって。
ne 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ネー nwh 少し。(発音記号が不明、教えて。ネの発音よりも舌を少し引っ込め唇をひく感じ?)
no 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ノーシ nohshi 直して。
ノーシュン nosyun 直す。
ha 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ハガマ hagama 釜。
ハカメー hakameh 墓参り。
ハガニ hagani はがね。鋼。
ハガミ hagami 鏡。
ハギ hagi 影。
ハギナムン haginamun 変なやつ。
ハジ haji 風。(ヘーハジ:南風。ニシハジ:北風。)
ハジ haji 足。
ハジカシャ hajikasya 恥ずかしい。
ハチブル hachiburu
ハニ hani 鉄。
ハマラシャ hamarasya うるさい。
ハマドゥルメー hamadwurumeh 台所。
ハミ hami 瓶。
ハミチィキ hamichiki 頑張り。ハミチキティ:頑張って。
ハミドゥル hamidwuru 雷。
ハタラチ hatarachi 働き。
ハラジ haraji 髪の毛。
ハロジ haroji 親戚。
ハル haru 畑。
ハヨサン hayosan かゆい。
バンシル banshiru グワバー。
hi 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヒーサ hihsa さむい(寒い)。
ヒージャイ hihjyai 左。
ヒブシ hibushi けむり(煙)。
ヒューガユン hyugayun 広がる。
ヒョー hyoh 上平川。
ヒルク hiruku 寒さで凍える。
ヒンマ hinma 昼間。
ヒンジユン hinjiyun にげる(逃げる)。
ビンダレー bindareh 洗面器。
fu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  フーグシク fuhgushiku 大城。
fu 小さい。
フイ fui 声。
フッテーシク futtehshiku 沢山。
フグイ fugui 金玉の袋の部分。ラジエターの部分。
フグシミ fugushimi 烏賊(いか)の一種。こぶしめ。
フグミ fugumi 小米。
フマサ fumasa 遠慮がち。
フミ fumi 米。
フラ fura アホ。⇔ふりむん
フリ furi 惚れ。フリタン:惚れた。
ファーマ fahma 大きい。ファーマ:大叔母。
ファーマ fahma さとうきびの枯れた葉っぱ。
ファートゥ fahtwu 鳩。
he 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヘー heh 南。
ヘーサ hehsa はやく(早く)。
ヘーゲー hehge こうかん(交換)。
ho 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ホー hoh かわ(川)。
ホーラ hohra かわら(川原)。
ホーミ hohmi
ホーチ hohchi ほうき(庭ぼうき)
ホーチ hohchi 荒らす。撒き散らす。
ホーティダミ hohchidami はって。
ホーティ hohthi 買って。
ホーティフーヨ hohthifuhyo 買ってきてよ
ホーリ hohri ずっと。(ホーリンタベ:遠くまで)
ホーラ hohra 川。
ホーラシャ hohrasya 嬉しい。
ma 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  マー mah ここ。此処。
マーミ mahmi まめ(豆)。
マイ mai 尻。
マサナ masana 正名。
マサン masan 美味しい。
マクナン makunan 美味しくない
マンゲユン mangeyun 倒れる。
マンダー mandah 塗れる。
マンディ mandhi 沢山。
mi 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ミー mih 中身。
ミー mih 新。
ミー mih 兄貴。目上の男性。
ミーサン mihsan あたらしい(新しい)。
ミーチ mihchi 三つ。3
ミーグヮ mihgwa 兄貴の弟。(グヮ:小さい。)
ミシジ mishiji おかゆ。
ミシゲー mishigeh しゃもじ。
ミシュ misyu 味噌。アーミシュ=赤味噌
ミジ miji 水。
ミジ miji 右。
ミチャ mitya 土。アーミチャ=赤土
ミミジャー mimijyah みみず。
ミミグイ mimigui 木耳(きくらげ)
ミヘディロ mihedhiro ありがとう。
ミャー myah 猫。(庭と少し発音が違う、発音わからず)
ミャー miyah 庭。
ミンジチダミチ minjitidamichi 耳付池。
ミンタマ mintama 目ん玉。
mu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ムーチ muhchi 六つ。6。
ムカジ mukaji ムカデ。
ムガムガ mugamuga のんびり、ゆっくり。
ムク muku 婿。
ムックル mukkuru くるりと回転する。こける。
ムックル mukkuru がじゅまるの実
ムッチィ mucchih お餅。
ムニ muni 言葉。
ムン mun ご飯。飯。
ムンガッタイ mungattai 物語。
me 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  メー meh 前。
メー meh ご飯。
メーラビ mehrabi 娘。
メーシ mehshi 朝飯。 アッシー:昼飯ヰー:夕飯
mo 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  モーティ mohthi 回って。
モーヤー mohya
ya 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヤー yah 家。屋。
ヤーチ yahchi 八つ。8。
ヤーダチ yahdachi 家を出て嫁入りすること。
ヤチムッチィ yachimutchi 焼餅。
ヤッケー yakkeh 厄介。
ヤッサ yassa そうだ。
ヤジ yaji 山羊。
ヤジャ yajya 屋者。
ヤッセー yasseh やさい(野菜)。
ヤニ yani らいねん(来年)。
ヤマトゥ yamatwu 大和。日本本土。
ヤミン yamin いたい(痛い)。
ヤンバー yanbah アホ。⇔フリムン
yu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ユーターマ yuhtahma こっそりと。
ユーチ yuhchi 四つ。4。
ユーティ yuhthi 酔っ払って。
ユーゼ yuhze けんか(喧嘩)。
ユカン yukan よろしい。
ユグリ yuguri きたない(汚い)。
ユグリ yuguri ごねる。
ユシキャ yushikya 下平川。
ユヌブイ yunubui いねむり(居眠り)。
ユヱー yuweh 寄り合い。
ユンダギ yundagi ぶさいく。
ユンヌ yunnu 与論。与論島。ヨロン。
yo 国頭(クンジェ)   意味
  ヨー yuh じっと。(ヨーシュリヨー:ジッットしていなさいよ。)
ヨーシャ yuhsya はらぺこ(腹ペコ)。
ヨーティ yuhthi 集まって。皆で。
ヨーム yuhmu 屋子母。
ヨーネ yuhne ゆうがた(夕方)。
ra 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
ri 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
ru 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
re 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
ro 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
wa 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ワー wah 和。
ワーシャ wahsya おかしいこと
ワーランチャ wahrantya 子供たち。
ワガー wagah 俺が。私が。
ワジワジ wajiwaji 怒る気持ち。
ワシミチ washimichi 怒って。
ワタ wata はら(腹)。
ワドゥマイ wadwumai 和泊。
ワラビ warabi 童。
ワン wan 俺。私。
wi 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヰー wih 夕飯。 アッシー:昼飯メーシ:朝飯
ヰー wih 座る。
ヰータバ wihtaba 作業協力。
ヰナグ winagu 女。
ヰヌ winu 同じ。同類の。
ヰビリ wibiri 飽きること。
ヰンガ winga 男。
wu 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
yジ yji さとうきび。
yトゥ ytwu 夫。
yナグ ynagu 女。⇔ヰンガ(男)。
yームン yhmun オス。雄。
we 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
  ヱー weh 結わい。
ヱラサ werasa 偉い。
ヱンカイ wenkai 宴会。
wo 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 
n 国頭(クンジェ)   標準語(ヤマトムニ)
 


Copyright(c) 2003 Ryo Minami. All rights reserved.