ウィンザー城
Windsor Castle

マラソン距離42.195kmの端数の秘密

マラソンといえば、この端数が有名です。あまりに中途半端すぎる距離を、誰もが不思議に思うことです。そもそも、なぜこんな端数なのでしょう。
それは、私の生まれ島でありマラソン発祥の地である沖永良部島の外周の距離だったのです。(これは冗談ですよ)

陸上の花ともいえるマラソンが、古代ギリシャのマラトンの戦の故事によるものであることはご存じだと思います。戦場のマラトンの丘から伝令のフェイディピデスが戦の勝利を伝えるためにアテナイの城門まで走り続け、伝え終えると力つきて絶命してしまった、その美談をたたえて競技に取り入れられたものです。

42.195kmというコース距離も、その時のフェイディピデスが走った距離であると一般には信じられているようですが、実はそうではありません。

1920年の第7回オリンピックまでは、コースの距離は40km前後であればよく、一定していなかったのです。

それが正式に定められたのは、1924年の第8回パリ・オリンピックからでした。その基準にされたのは、1908年第4回ロンドン・オリンピックのコースで、ウィンザー宮殿からシェファード・ブッシュ競技場のゴールまでの距離が、ちょうど(?)42.195kmだったのです。

面白いのは、0.195kmという端数の由来です。普通なら整数にするところでしょうが、さすがはイギリス、ときのアレキサンドラ女王の席の真正面までゴールをずらした、その結果だというのです。

それをそのまま取り入れて正式なコース距離にしたのは、「こんな半端もありでしょう」というシャレ心だったのでしょうか…(笑)
マラソン・コースは、競技会が行われるたびにきちんと測定して設定されていますが、この長い距離の計り方がアナログ的です。
特別な測定マシンがあるのではと思いたいところですが、そうではなくなんと!いちいち巻き尺で測っているのです。
陸上競技規則で「鋼製巻き尺をもって計測することを原則とする」と規定されているので仕方がありません。もちろん、巻き尺はあらかじめ検査を受けたものを使用するよう義務づけられていますし、測り方も、コース道路の端から1mの場所を最短距離を選んで計測することとされています。 

42.195Kmも巻尺で測るなんてご苦労様です。きっと、どこかでちょんぼしているのではと、疑ってしまいますね。そういえば、実際の距離より短くて、公式記録にならなかった大会もありました。
ハイテクの世の中、そろそろ考えた方がいいのでは? 陸連の方々ご苦労様です!

 
ウィンザー城−Windsor Castle −
Londonから西へ約35キロ、黒豚の名産地で知られるBerkshireに位置する。
現在でも使われてる王城としては、世界最古を誇る。現王室の開祖となったWilliam1世(征服王とも呼ばれる)が1066年ヘイスティングの合戦でEngland王を倒し、国民を威嚇する為各地に砦を建設。その砦からこのウィンザーは離宮として増築、歴代の国王達にこよなく愛されるようになる、現女王もたいてい週末はここで過ごされる。迎賓館の1部が公開されてます。式典がある場合は公開されません。
 
正門−公式の門−
国賓の方々や、女王陛下、王族の方々の専用門で、この建物は残念ながら一般公開されてませんが、このゲートまでは来れます。
ここから、Long Walkと呼ばれる並木道が、Ascot競馬場まで伸びている。
 
ST George Chapel(左の建物)−ウィンザー城境内−
15世紀後半から、16世紀初期にかけ建造され、ロンドン市内にあるWestminster Abbey同様王室専用教会として、歴代国王の幾人かが埋葬されている。
去年101歳で崩御された皇太后も、先代王George6世と共に安らかに眠る。
式典がない場合見学できます。
 
Long Walk−Windsor Great Park−
300年以上も前にひかれた約5キロの並木道、現在の樹木は内側にHorse Chestnut(マロニエの木)、外側にLondon Plane Tree(プラタナス、または鈴かけの木ともいう)が1945年に植え替えられた。
毎年6月に開催される、Royal Ascotと呼ばれる競馬開催期間には、女王陛下及びRoyal Familyの方々はこの並木道から馬車で競馬場へ向かわれる。
 
ウィンザー城ヘンリー8世門−Guard Change−
衛兵の交代式は8月から4月までの間は1日おきに行われ、ここウィンザー城では8月現在奇数日の11時から(但し雨天中止、日曜日はなし)、バッキンガム宮殿では8月現在偶数日11時30分(雨天中止)に行われ、夏の間はお馴染み赤いチュニックの制服ですが冬は灰色のロングコート着用の為、イメージが違います。
これはウィンザー城内で行われた交代式を終え,城門を出てこれから街中を行進して兵舎まで帰って行くところです。
 
連隊付属の楽隊−Scots Guard Band− お馴染み、Scotlandの民族衣装でもあるKilt姿の楽隊。Babpipeの音色が響いてきそう。各連隊が楽隊をもつ。5つの連隊からなる衛兵を紹介。
第1連隊、Grenadier Guards 1656年にCharles2世の亡命先で編成、ボタン配列普通、帽子の左側に白の羽飾り、襟には手榴弾(Grenadierは手榴弾を投げる連隊)
第2連隊、Coldstream Guards 1650年オリバー・クロムウェルの軍隊としてコールドストリームの町を基地とした事からこの名称。ボタン2ヶづつの配列、帽子の右側に赤の羽飾り、襟にはガーター勲章の星。
第3連隊、Scots Guards 1642年Charles1世によりアイルランド遠征隊として編成したが、解散され1660年に再編成。ボタン3ヶづつ、帽子の羽飾りなし、襟にアザミの刺繍。
第4連隊、Irish Guards 1900年Victoria女王がボーア戦争でのアイルランド兵部隊の武勲を讃える為に編成。ボタン4ヶづつ、帽子の右側に青の羽飾り、襟には聖パトリック勲爵士団の星。
第5連隊、Welsh Guards ウェールズ国民の念願だった連隊が、1915年George5世により編成。ボタン5ヶづつ、帽子の左側に白緑白(3段重ね)の羽飾り、襟には西洋ネギの刺繍。
 
第3連隊−Scots Guard−
衛兵は陸軍に所属し、5つの連隊が代わる代わる警護につく(時々空軍や英連邦諸国の部隊がゲストとして警護する場合もある)、一見どの部隊も同じに見えるが、赤い制服のボタンの配列状態、襟徽章の模様、クマ毛の帽子につけられた羽飾りの位置と色で判断できる。この衛兵達のボタンは3ヶづつ配列され、襟にアザミの刺繍が入ってることから、1642年Charles1世によりアイルランド遠征隊として編成され、共和国時代解散、1660年Charles2世の王政復古で再編成されたScots Guardであるのがわかる。
 
ウィンザー城からの眺め−Windsor North Terrace−
前景に見える石の教会は、Public School(この国では私立校をあらわす)で名高いEton College の礼拝堂で、その周りに校舎や学寮が隣接。
日本の学校の構造は、校舎、校庭、体育館となってるが、この国では中世の頃神学を学ぶお坊さんの為の学問の場として設立されてる場合が多いので、由緒ある学校には必ず立派な礼拝堂がある。
 
1897年ビクトリア女王在位60年記念で開通した駅−windsor & Eton Central Station−
ここウィンザーの街には2つの終着駅があり、この駅はLnodon Paddington駅からの電車(場合によっては乗り換えする必要があります)の終着駅、現在駅の構内はショッピングモールとして賑わってます。
もう1つは、Windsor Riverside Stationで London Waterloo駅からの直通電車の終着となってます。
日帰りで帰る場合には、午前9時半以降に往復切符(Cheap Dayreturn Tiket)を購入する事をオススメ,片道代と大差ありません。ウィンザーまでの片道料金6ポンド、10ペンス、ですが、往復で買うと6ポンド20ペンスとなる。
 
ウィンザーの町並み−袋小路−
城下町らしく、現在も石畳になった袋小路にはギフトショップ、カフェ、パブ等が立ち並びます。
 
世界1短い通り−Queen Charlotte Street−
通り名のない短い通りはいくらでもありますが、通り名がついてる通りとしては現在世界で1番短いらしく(10メートル弱)、ギネスブックにも載ってます。
右側の建物が傾いてるのに気が付きましたか?現在はカッフェに使われてるが、17世紀には肉屋だったらしく、長年軒先に肉の塊を吊るしてた為に傾いてるとか?
 
テームズ川をはさんでイートンの村−Windsor Bridge−
この歩行者用の狭い橋を渡ると、アンティーク、パブ、の立ち並ぶ一本道を奥まで進むとイートン校が位置する。イートンは小さな集落でわずか4000人ほどの人口と約1200名の生徒
 
名門進学校−Eton College−
1440年、Henly6世により設立、翌年には同王によってCambridge の Kings Collegeも設立された。Collegeと呼ばれているが、ここイートン校では13歳から18歳までの中等教育を行い、Harrow Schoolと共にこのイートン校は英国でも1,2位を争う名門男子校です。ここから、Oxford 、Cambridge Collegeへの進学コースは、この国の超エリートへの正道となっている。
 
燕尾服−Eton Boy−
燕尾服に白タイという制服で(残念ながら後姿になってしまった)、以前は山高帽も被ってましたが、現在廃止になった。
6月にハリー王子も無事卒業したが、13,4歳で燕尾服をイキに着こなす所がこの国らしいかな?